Press Release – Nelson Mandela

Home  »  News  »  Press Release – Nelson Mandela
Dec 6, 2013 No Comments ›› sajapanadmin

Official-Photograph-poster-

It is with profound sadness that the Embassy of the Republic of South Africa wishes to share the passing of the former President Nelson Mandela, who died at his Houghton home in Johannesburg on 5 December. President Jacob Zuma announced his death on the public broadcaster just before midnight, saying that Mr Mandela had passed on peacefully in the company of his family at around 20h50 South Africa time. “He is now resting. He is now at peace,” President Zuma said. “Our nation has lost its greatest son. Our people have lost a father.” He added that what made Former President Nelson Mandela great was precisely what made him human. “We saw in him what we seek in ourselves.”

The Nobel Peace Prize laureate was one of the world’s most revered statesmen after preaching reconciliation despite having been imprisoned for 27 years. He voluntarily retired after having served just one term.

Mr Mandela had rarely been seen in public since his official retirement in 2004. He made his last public appearance in 2010, at the FIFA World Cup in South Africa.

Copied, is the full moving tribute that President Zuma paid to Mr Mandela when he addressed the nation to share the sad news of his departure:

My Fellow South Africans,

Our beloved Nelson Rolihlahla Mandela, the founding President of our democratic nation has departed. He passed on peacefully in the company of his family around 20h50 on the 5th of December 2013.He is now resting. He is now at peace .Our nation has lost its greatest son. Our people have lost a father.

Although we knew that this day would come, nothing can diminish our sense of a profound and enduring loss. His tireless struggle for freedom earned him the respect of the world.

His humility, his compassion, and his humanity earned him their love.

Our thoughts and prayers are with the Mandela family. To them we owe a debt of gratitude.

They have sacrificed much and endured much so that our people could be free. Our thoughts are with his wife Mrs Graca Machel, his former wife Ms Winnie Madikizela-Mandela, with his children, his grand-children, his great grand-children and the entire family.

Our thoughts are with his friends, comrades and colleagues who fought alongside Madiba over the course of a lifetime of struggle.

Our thoughts are with the South African people who today mourn the loss of the one person who, more than any other, came to embody their sense of a common nationhood.

Our thoughts are with the millions of people across the world who embraced Madiba as their own, and who saw his cause as their cause.

This is the moment of our deepest sorrow. Our nation has lost its greatest son. Yet, what made Nelson Mandela great was precisely what made him human. We saw in him what we seek in ourselves. And in him we saw so much of ourselves.

Fellow South Africans, Nelson Mandela brought us together, and it is together that we will bid him farewell.

Our beloved Madiba will be accorded a State Funeral. I have ordered that all flags of the Republic of South Africa be lowered to half-mast from tomorrow, 6 December, and to remain at half-mast until after the funeral.

As we gather to pay our last respects, let us conduct ourselves with the dignity and respect that Madiba personified. Let us be mindful of his wishes and the wishes of his family.

As we gather, wherever we are in the country and wherever we are in the world, let us recall the values for which Madiba fought.

Let us reaffirm his vision of a society in which none is exploited, oppressed or dispossessed by another. Let us commit ourselves to strive together – sparing neither strength nor courage – to build a united, non-racial, non-sexist, democratic and prosperous South Africa.

Let us express, each in our own way, the deep gratitude we feel for a life spent in service of the people of this country and in the cause of humanity.

This is indeed the moment of our deepest sorrow.

Yet it must also be the moment of our greatest determination.

A determination to live as Madiba has lived, to strive as Madiba has strived and to not rest until we have realised his vision of a truly united South Africa, a peaceful and prosperous Africa, and a better world. 

We will always love you Madiba!

May your soul rest in peace.

 

God Bless Africa.

Nkosi Sikelel’ iAfrika.

(非公式日本語訳)

南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ元大統領は、2013年12月5日、ヨハネスブルグの自宅にて息を引き取りました。駐日南アフリカ共和国大使館は深い悲しみをもってこれを発表いたします。

南アフリカのジェイコブ・ズマ大統領は、5日深夜前(南アフリカ時間)、テレビを通じ、マンデラ元大統領が現地時間5日午後8時50分頃、家族に見守られながら亡くなったと明らかにしました。マンデラ元大統領は、肺の感染症のため3ヶ月間入院した後、自宅にて療養していました。テレビ放送で、ズマ大統領はマンデラ元大統領が安らかに「旅立った」と述べ、「わが国は最も偉大な息子を失った。われわれ国民は、父を失った」と話しました。ズマ大統領は、マンデラ元大統領の素晴らしさはまさにその人間性に現れていたと付け加えました。「われわれは、自身の内側に探し求めている素質を彼の中に見た」とズマ大統領は話しました。

ノーベル平和賞受賞者であるマンデラ氏は、世界で最も尊敬を集める政治的指導者の一人でした。彼は27年もの間投獄されたにも関わらず、人々に和解を説きました。マンデラ氏は、大統領の職を一期のみ務めた後、自ら職を離れました。

マンデラ氏は2004年に正式に引退した後、公の場に姿を見せることはあまりありませんでした。最後に公式に姿を現したのは、南アフリカで開催された2010年のサッカーワールドカップ大会となりました。

以下は、ズマ大統領がマンデラ氏の死去を国民に発表した際に述べた言葉です。

 

南アフリカの国民の皆さん、

われわれが敬愛するネルソン・ロリシュラシュラ・マンデラ氏、この民主主義国家の建国の大統領が、旅立ちました。氏は2013年12月5日午後8時50分頃、家族に見守られながら安らかに息を引き取りました。彼は今、安らかに休息しています。わが国は最も偉大な息子を失いました。われわれ国民は、父を失ったのです。

いつかはこの日が来ると分かっていたとはいえ、深く長い喪失の念を軽減することは何にもできません。マンデラ氏の自由への不断の戦いは、世界中の尊敬を集めました。そして、氏の謙虚さ、思いやり、人間性は、世界中から愛されました。

われわれの心と追悼の念は、マンデラ氏のご家族と共にあります。われわれは氏の家族に恩義があるのです。国民の自由のため、氏の家族は多大なる犠牲を払い、多くを耐え忍んできました。われわれの心は、氏のグラサ・マチェル夫人と、ウィニー・マディギゼラ=マンデラ前夫人、氏の子供、孫、ひ孫たちと、その他すべての家族と共にあります。

われわれの心は、マディバ(=マンデラ氏)と人生の長きに渡り共に闘った友人、同志、同僚と共にあります。

われわれの心は、他の誰よりも共通の国家意識を体現した一人の人間の逝去を痛んでいる南アフリカの国民と共にあります。

われわれの心は、マンデラ氏を自分たちのことのように考え、氏の信念を自分たちのものとして捉えた、世界中の何百万という人々と共にあります。

最も深い悲しみのときです。わが国は、その最も偉大な息子を亡くしました。けれども、ネルソン・マンデラ氏の素晴らしさは、まさにその人間性に現れていました。われわれは、自身の内側に探し求めている素質を彼の中に見ました。そして、彼の中に、自分たち自身の姿の多くを見たのです。

南アフリカの国民の皆さん、ネルソン・マンデラ氏はわれわれを団結させました。われわれは皆で共に、マンデラ氏に別れを告げるのです。

敬愛するマディバは国葬で送られます。南アフリカのすべての国旗は、明日、12月6日から葬儀が終わるまで、半旗とするように指示しました。

最後の敬意を表すために集まる際には、マンデラ氏が体現した尊厳と配慮の心をもって振舞いましょう。彼の願いと家族の願いに気を配りましょう。国内で、そして世界中で集う際には、マディバがそのために闘った、価値観を思い出しましょう。

氏が理想とした社会―誰も搾取されることなく、抑圧されることなく、疎外されることのない社会というビジョンを再確認しましょう。団結し、人種差別や性差別がなく、民主的で繁栄に満ちた南アフリカを作り上げるために、共に努力しましょうー私たちの強さも、勇気を惜しむことなく。

この国の人々と人道のために捧げた人生に対して、それぞれのやり方で感謝の意を表明しましょう。

最も深い悲しみのときです。

しかし、同時に最も大きな決意のときでもあります。

マディバのように生き、マディバのように努力するという決意をするときです。真に団結した南アフリカという彼のビジョンを、平和で豊かなアフリカに、そしてよりよい世界に、という彼のビジョンを成し遂げるまでは休むことはない、という決意をするときです。

マディバ、私たちはずっとあなたを愛し続けます!

あなたの魂が安らかに眠らんことを。

アフリカに神の祝福がありますように。

Nkosi  Sikelel iAfrika.

Official-Photograph-poster-

 

 

 

 

 

 

 

 

Translate »